FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
じゃがいものタルト 粟クリーム
- 2010/11/12(Fri) -
じゃがいものタルト 粟クリーム
マクロビオティックで避けられているジャガイモやトマトを使用したタルトが思いのほか美味しくできたのでご紹介します。

タルト生地は他のフィリングにも応用可能です。
例えばマッシュしたかぼちゃや里芋、りんごの薄切り(火を通した物)、煮豆なども良いでしょう。
水気のあるものを入れるときは、タルトに油を塗ってから入れるとサックリ感がより長く持続します。

下記の分量では22cmのタルト型ではかなり薄めに仕上がります。

レシピ

<タルト生地の材料> 直径22cm 1枚分
小麦全粒粉  150g
くず粉     大さじ2
自然海塩   2つまみ
なたね油   大さじ3
水       適量

<タルト生地の作り方>
1 水以外の全ての材料を合わせて混ぜます
2 水を加えて切るように混ぜ、一まとめにして乾かないように布巾をかけたり包んだりして30分以上休ませます
3 型に分量外の油を塗ります
4 生地を麺棒で薄く延ばして型にひき、ピケをします(フォーク等で穴を開けます)
5 オーブンに入れて190度に設定し、17分程度焼いたら出来上がり

<フィリングの材料>
A じゃがいも 5個
A 人参    1本
A 自然海塩  小さじ1/2程度
煮詰めたトマト 適量
粟     1/2合
水     1と1/2合
自然海塩  小さじ1/4
豆乳    1合
白味噌   大さじ1~2

<フィリングの作り方>
1 Aは皮ごと蒸し煮して潰します
2 粟はよく洗います
3 水を沸騰させて自然海塩、粟の順に入れて蓋をせずに煮ます
4 木べらでかき混ぜて底が一瞬見えるようになったら蓋をしてほたる火で15分程度炊き、15分蒸らします
5 4に豆乳と白味噌を加えてとろみが付くまで練ります
  ここでチーズのような味にならなくても焼くと深みが増します

<タルトの作り方>
タルト生地にAのフィリングをひき、煮詰めたトマト、粟のソースの順に乗せて220度で20分程度焼いたら出来上がり

<ポイント>
「マクロビオティックで避けられている」と言っても絶対に食べてはいけないわけでは有りません。
食べてはいけない物はマクロビオティックには存在しません。
しかし毎日のようにこのようなナス科の植物を食べているとバランスを崩します。

また、陰性の病気治しをされている方へはお勧めしません。

<キーワード>
JJのマクロビオティック穀物料理
JJのマクロビオティック雑穀料理
JJのマクロビオティック野菜料理
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ にほんブログ村 料理ブログ ヴィーガン料理へ
スポンサーサイト
この記事のURL | レシピ(焼き物) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。