スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
手作りナン
- 2010/08/17(Tue) -
マクロビオティック教室/合宿の参加者募集中!

詳しくはこちらをクリック
マクロビオティック教室
マクロビオティック合宿

カレーとナン
カレーと一緒にナンも手作りしました。これが激ウマ! かんちゃんも大絶賛でえした。ちょっと焦げてますが...

参考にしたのはこちら『亀岡トライアルランド

小麦粉は中力粉相当を使いました。
砂糖がなくてもしっかり膨らみ、小麦粉の甘さが感じられました。
少し全粒粉を混ぜてあります。

塩は小さじ1入れると市販のもののように塩味がつきます。

<ナンの材料> 6枚分
小麦粉    300g
レーズン酵母 80cc
水      120cc
塩      小さじ1弱

<作り方>
1 全ての材料を入れて混ぜます
  フードプロセッサーを使っても出来ます
2 ふたのできる容器に入れて暖かいところで1.5倍くらいに発酵させます
  私はここで2倍以上に発酵させてしまいました
3 冷蔵庫や涼しいところで冷やします
  柔らかくて扱いにくい生地だからです
4 打ち粉をした台の上でナイフで6等分し、10分程度室温で休ませます
  手でちぎるとグルテンを傷つけてしまうそうです
5 魚焼きグリルに金属のトレーを乗せて温め、4を少し伸ばしてから、くっつけて伸ばして乗せます
 インド人がナンを釜の内側にぺったんと貼り付けるようにします
 柔らかくて成型出来ませんでした
6 3分位で焼けます
 あっという間に焦げるので注意

ナンだけでもおいしい。ラブリー。
*一般的なナンは砂糖や油、卵などが入ります。

<キーワード>
JJのマクロビオティック穀物料理
<にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ にほんブログ村 料理ブログ ヴィーガン料理へ
スポンサーサイト
この記事のURL | レシピ(焼き物) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。