FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大震災の影響で避難中です
- 2011/07/06(Wed) -
ブログはしばらくお休みします。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
おせち料理
- 2011/02/04(Fri) -
おせち料理2011
おせち料理のようなもの(というかおせち料理の一部)を作りました。

(手前から時計回りに)
黒豆
小女子とピーナッツの麦芽飴がけ
豆腐とかぼちゃの伊達巻
昆布と切干大根の松前漬け
大根と人参の酢の物
栗とサツマイモのキントン

(写真の中央)
竹の子の焼き物 干し柿と味噌の詰め物


レシピ
黒豆→一晩水に浸し、ゆでます。


小女子とピーナッツの麦芽飴がけ→小女子は乾煎り、生ピーナッツは160度のオーブンに10分程度かけて実を取り出し、小女子と合わせて温めながら麦芽飴をかけます。この後火にかけすぎると硬くなってしまいます。


豆腐とかぼちゃの伊達巻→火を通した南瓜と豆腐をなめらかにし、玄米粉か小麦全粒粉を少量加えます。フライパンで両面焼き、まきすで巻いて成型します。油をひかなくてもくっつきません。
*薪ストーブなので焦げ目が均等につきません。失礼!


昆布と切干大根の松前漬け→千切りにした昆布かがごめ昆布と同量の切干大根を、軽く煮立たせた醤油と3倍の水に1晩漬けます。


大根と人参の酢の物→少し火を通した大根と人参を自然海塩の焼き塩と酢に漬けます。玄米酢、梅酢などお好みでどうぞ。


栗とサツマイモのキントン→火を通してマッシュしたさつまいもと甘栗を合わせます。自然海塩を少々加えます。

(写真の中心)
竹の子の焼き物 干し柿と味噌の詰め物→水煮した竹の子に、あわせた干し柿(ペースト状)と味噌、ごまを乗せて、焼き色が付くまで魚焼きグリルやオーブンで焼きます。

<キーワード>
JJのマクロビオティック野菜料理
JJのマクロビオティック豆料理
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ にほんブログ村 料理ブログ ヴィーガン料理へ
この記事のURL | レシピ(手作り食品) | ▲ top
白菜と切干大根の浅漬け
- 2010/11/15(Mon) -
白菜と切干大根の浅漬け
レシピ

<材料>
白菜       6枚
切干大根     半つかみ
自然海塩の焼き塩 2つまみ

<作り方>
1 白菜は洗って細く切ります
2 切干大根はさっと洗って食べやすい大きさにします
3 1・2・自然海塩の焼き塩を合わせて揉んだら出来上がり
 20分くらい置くと味が馴染んで食べやすくなります

<キーワード>
JJのマクロビオティック野菜料理
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ にほんブログ村 料理ブログ ヴィーガン料理へ
この記事のURL | レシピ(和え物) | ▲ top
白菜入りひっつみ
- 2010/11/13(Sat) -
白菜入りひっつみ
菜っ葉を食べてくれない子供用に作りました。
白菜が入っているとは分かりません。

見かけよりおいしいです。そして簡単!子供でも作れます。

レシピ

<材料>
A 白菜 6枚
A 水 2合
B 小麦全粒粉 400g
B 自然海塩 4つまみ
水 1-1.5L

<作り方>
1 Aはジューサーにかけるなどしてジュース状にします
2 1とBを、一まとめになるよう調整して合わせます
  余ったAは3に入れます
  ここで生地を数時間寝かせても大丈夫です
3 水を沸かし、2を一口大にちぎりながら入れて火が通ったら出来上がり
  茹で汁をかけていただきます

<キーワード>
JJのマクロビオティック穀物料理
JJのマクロビオティック野菜料理
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ にほんブログ村 料理ブログ ヴィーガン料理へ
この記事のURL | レシピ(湯で物他) | ▲ top
じゃがいものタルト 粟クリーム
- 2010/11/12(Fri) -
じゃがいものタルト 粟クリーム
マクロビオティックで避けられているジャガイモやトマトを使用したタルトが思いのほか美味しくできたのでご紹介します。

タルト生地は他のフィリングにも応用可能です。
例えばマッシュしたかぼちゃや里芋、りんごの薄切り(火を通した物)、煮豆なども良いでしょう。
水気のあるものを入れるときは、タルトに油を塗ってから入れるとサックリ感がより長く持続します。

下記の分量では22cmのタルト型ではかなり薄めに仕上がります。

レシピ

<タルト生地の材料> 直径22cm 1枚分
小麦全粒粉  150g
くず粉     大さじ2
自然海塩   2つまみ
なたね油   大さじ3
水       適量

<タルト生地の作り方>
1 水以外の全ての材料を合わせて混ぜます
2 水を加えて切るように混ぜ、一まとめにして乾かないように布巾をかけたり包んだりして30分以上休ませます
3 型に分量外の油を塗ります
4 生地を麺棒で薄く延ばして型にひき、ピケをします(フォーク等で穴を開けます)
5 オーブンに入れて190度に設定し、17分程度焼いたら出来上がり

<フィリングの材料>
A じゃがいも 5個
A 人参    1本
A 自然海塩  小さじ1/2程度
煮詰めたトマト 適量
粟     1/2合
水     1と1/2合
自然海塩  小さじ1/4
豆乳    1合
白味噌   大さじ1~2

<フィリングの作り方>
1 Aは皮ごと蒸し煮して潰します
2 粟はよく洗います
3 水を沸騰させて自然海塩、粟の順に入れて蓋をせずに煮ます
4 木べらでかき混ぜて底が一瞬見えるようになったら蓋をしてほたる火で15分程度炊き、15分蒸らします
5 4に豆乳と白味噌を加えてとろみが付くまで練ります
  ここでチーズのような味にならなくても焼くと深みが増します

<タルトの作り方>
タルト生地にAのフィリングをひき、煮詰めたトマト、粟のソースの順に乗せて220度で20分程度焼いたら出来上がり

<ポイント>
「マクロビオティックで避けられている」と言っても絶対に食べてはいけないわけでは有りません。
食べてはいけない物はマクロビオティックには存在しません。
しかし毎日のようにこのようなナス科の植物を食べているとバランスを崩します。

また、陰性の病気治しをされている方へはお勧めしません。

<キーワード>
JJのマクロビオティック穀物料理
JJのマクロビオティック雑穀料理
JJのマクロビオティック野菜料理
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ にほんブログ村 料理ブログ ヴィーガン料理へ
この記事のURL | レシピ(焼き物) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。